葬儀社マーク
葬儀の代鈴

香典の表書き


香典の目安へ戻る

● 仏 式
表書き・通夜の時 表書き・葬儀の時 表書き・葬儀の時 表書き・葬儀の時 表書き・法要の時
通夜の時 葬儀の時 葬儀の時 葬儀の時 法要の時
おくやみ ごこうでん ごれいぜん おとむらいりょう ごこうりょう
お葬式の前にご霊前に
お供えする金品に使用
白の封筒又は市販の
不祝儀袋でも可。
ご霊前にお供えするお香
に代わる金包みに使用。
「御香奠」とも書きます。
お葬儀で故人のご霊前に
お供えする金品に使用。
(浄土真宗では御仏前)
団体の関係者への
団体名でお供えする
金品に使用。
ご霊前にお香やお花の代
わりにお供えする金包み
に使用。

● 神 式
表書き・葬儀の時 表書き・葬儀の時
葬儀の時 葬儀の時
ごしんぜん おんたまぐしりょう
御神前の弔事全般に使用。
神前行事一般にも使用可
ご神前の弔事でご霊前
にお供えする榊の代わり
の金包みに使用。

● キリスト教式
表書き・葬儀の時 表書き・葬儀の時
葬儀の時 葬儀の時
おはなりょう きいりょう
弔事で故人のご霊前に
お供えする金包みに使用。
プロテスタントの弔事の金
包みに使用。水引を付け
る時は黒白・銀白・結び
きり。


● 御仏前
表書き・ご仏前 仏式では不祝儀袋の表書きを「御仏前」とする
場合があります。目上の方には「御佛前」と書きます。
これは、葬儀以降に使用し、特に法要で仏前に供える
品物や金包みに使用するのが一般的になっております。
他には「御供物料」「御供」などの表書きを用います。
(宗旨・宗派によって異なります。)
ごぶつぜん  


お香典の中包みの書き方

表書き・お香典 内袋 ●中包みの表側中央に金額を書き入れます。
●住所を中包みの裏側に書きます。住所が
書いてあると相手も整理がしやすく、挨拶
状やお返しのリストを作るのに助かります。



香典の目安へ戻る