鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
死亡届の書き方

我が国で人が一人お亡くなりになられると、火葬の為に火葬許可書が必要になります。この火葬許可書を取得する為には、医師が作成する死亡診断書が必要になります(ほぼ死亡届と死亡診断書は同一の用紙)。死亡診断書(右側)の左側の死亡届の欄に、必要事項を記入して役所に提出して、火葬許可書を取得して火葬場へ提出する事により火葬が可能となります。

死亡届は弊社でも代行させて頂いておりますが、ご喪家が自ら記入して当該役所に提出し、火葬埋葬許可書の取得も可能です。
(当該役所とは故人様の本籍、死亡した場所の住所、届出人の所在地を管轄する区・市役所です)

火葬許可書は、24時間何時でも発行してくれます。(夜間は各役所の夜間受付にて発行)
下記の3つのページも参考にして頂ければ幸いです。
(3.死亡届記入例のみ別ウインドウで開きますの本ページと並べてご覧下さい)
1.死亡届の用語説明  2.死亡届(死亡診断書)のカラ見本  3.死亡届記入例



死亡届け01氏名・生年月日
氏名に故人様の名字と名前を書いてください。
読み仮名は平仮名でお書き下さい。
男女にチェック(レ)。
生年月日は年号からお書き下さい(例 大正10年○月○日)。時刻は無くとも結構です。

死亡届け02死亡したとき
右側の死亡診断書に書いてある日時を正確に写してください。

死亡届け03死亡したところ
病院などの名称ではなく住所を記入してください。
番地などの書き方に注意(和泉1-1-14ではなく和泉1丁目1番14号)。

死亡届け04住所
略さずに都道府県から記入してください。番地の書き方には注意してください。
世帯主の名前を記入(その世帯の主をお書き下さい)。
読み仮名は平仮名でお書き下さい。

死亡届け05本籍
故人様の本籍をお書き下さい(免許証などで確認が出来ます)。
番地の書き方に注意してください。
戸籍の筆頭者のお名前をお書き下さい。

死亡届け06死亡した人の夫または妻
故人の夫・妻がいる場合には、「いる」にチェックをして下さい。次ぎに年齢を記入します。いない場合には、「いない」の括弧内で当てはまる理由にチェックを入れてください。

死亡届け07死亡したときの世帯のおもな仕事と死亡した人の職業・産業
当該する世帯の、おもな仕事(6ケース)にチェックを入れてください。
死亡した人の職業をご記入下さい。

死亡届け08その他
*09の届出人の続柄を記入する場合などもある様です。

死亡届け09届出人
死亡届の届出人について記入してください。
 ○関係
  故人様と届出人の関係を、8ケースの中から該当するものにチェックをして下さい。
 ○住所
  届出人の住所(住民票記載の住所)を、記入して下さい。
 ○本籍
  届出人の本籍を記入して下さい。
 ○署名
  届出人の署名をして下さい。

死亡届け10連絡先
連絡先として電話番号を記入して下さい。