死亡届の用語説明


死亡届の書き方へ戻る

死亡届に記入する場合に直接関係する用語は下記の赤文字で示す箇所ですが、全体の意味を理解する為、補足の情報も掲載いたします。

死亡届戸籍とは
戸と呼ばれる家族集団単位にて国民の身分関係を明確にする目的で作成される公文書で、戸籍法に定められています。
祖父母が孫を養子にした様な場合を除き、祖父母と孫は同じ戸籍に入れません(三代戸籍の禁止)そして同じ戸籍に記載されている人物の苗字は全て同じです。

死亡届本籍とは
戸籍が所属する場所の事を意味します。本籍は日本全国、どこにでも設定が可能で領有権を主張しているものの実効支配のない地域も含みます、また転居しても本籍を変える必要はありません。(逆に本籍と現住所が異なる場合が多々あるという事も意味します)

死亡届筆頭者とは
戸籍にて最初に記載されている人物の事を意味します。例えば夫婦の戸籍で結婚時に苗字が変わらなかった方の人物となります。
また住民票における世帯主とも異なります、同じ戸籍ならば死者の場合もありえます(同じ戸籍の在籍者であれば、筆頭者は死亡しても変わりません)。

死亡届世帯とは
実際に同一の住居で暮らし生計を同じにする集団を、一つの単位として処理する場合の事。世帯は複数の親族から成ることが多く、親族以外の者であっても実際に同一の住居で暮らして生計を同じにしている限り同一世帯となります。
また、一人でも独立した住居と生計を営んでいる場合には、一世帯として扱われます(独居世帯)。

死亡届世帯主とは
世帯の中心となる人を世帯主と言います。
住民基本台帳法では原則として住民票は個人を単位として世帯ごとに編成される様です。

死亡届親族とは
血縁関係ないしは姻戚関係においてのつながりを持つ人の事を意味します。
法律上は民法において定義がなされ、6親等内の血族、配偶者及び3親等内の姻族の事をさします。

死亡届住所とは
個人が生活や事業の拠点にしている場所を指します。
一般的な認識としては、住民票に記載された場所の事と思ってよいと思われます。

死亡届住民票とは
日本において市町村等で作成される住民(国民)に関する記録の事をさします。


*上記の情報を保証するものではありません、予めご了承下さい。


死亡届の書き方へ戻る