鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
お布施

お布施というと、お寺さんなどに支払う戒名料や読経料の事と思われるかもしれませんが、本来は異なります。

布施とは、梵語(サンスクリット語)で檀那(ダーナ)といい、見返りを求めずに他人に施しを与える事を意味します。
しかし、それは金銭を与える事を直接意味するのではありません。布施には「財施」・「法施」・「無畏施」の三種があり菩薩が行うべき六波羅密の一つとされています。

財施とは、金銭や衣服食料などの財を施す事。
法施とは、仏の教えを説く事。
無畏施とは、災難などに遭っている者を慰めて、恐怖を心から取り除く事を意味します。

ですから、葬儀に際して宗教者は法施・無畏施を喪家に施し、喪家は宗教者に財施を施すという事が基本的な事ではないかと思います。
更にお布施は、施しをした側も施しをさせて頂いたという姿勢が重要です。

しかし、現実は「読経や戒名などの宗教儀礼サービスの提供に対する対価」としか思えない宗教者と喪家の関係が多いので、布施=料金となっているのが現実だと思われます。