葬儀社マーク
葬儀の代鈴

般若心経

仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄
舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色
受想行識 亦復如是 舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄
不増不減 是故空中 無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意
無色声香味触法 無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故
菩提薩捶 依般若波羅蜜多故 心無罟礙 無罟礙故 無有恐怖
遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪
是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
即説呪曰 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
般若心経


仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩は深く般若波羅蜜多を行せじ時、五蘊は皆空なりと照見して
一切の苦厄を度したまえり、舎利子よ、色は空と異ならず
空は色と異ならず、色は即ちこれ空、空は即ちこれ色、受・想・行・識
もまたかくの如し、舎利子よ、この諸法は空の相にして
生ぜず、滅せず、垢つかず、浄らかず、増さず、減らず
この故に空の中には色もなく、受・想・行・識もなく
眼も耳も鼻も舌も身もなく、色も声も香も味も法もなし
眼界もなく、乃至、意識界もなし、無明もなく
また無明の尽きるとこもなし、乃至、老も死もなく
また、老と死の尽きることもなし、苦も集も滅も道もなく
智もなくまた得もなし、得るところなきを以て故に菩提薩捶は
般若波羅蜜多を依る、故に心に罟礙なし、罟礙なきが故に
恐怖あることなく、一切の顛倒せる夢想を遠離して涅槃を究竟す
三世の諸仏も般若波羅蜜多に依るが故に
得阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり、故に知るべし般若波羅蜜多は
これ大神呪なり、これ大明呪なり、これ無上呪なり、これ無等等呪なり
よく一切の苦を除き真実にして虚ならざるが故に
般若波羅蜜多の呪を説く、すなわち呪を説いて曰く
羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
般若心経


表示が出来ずに代わりに入れている文字です。
般若心経



般若心経とは
般若波羅蜜多心経(Prajna-paramita-hrdaya:パンニャー・パーラミッタ・フリダヤ)は大乗仏教の空の思想を説いた経典の一つです。日本語に訳すと般若波羅蜜多が「智慧の完成」または「完全な智慧」となり心は「心臓」「核心」となります。合わせると「完全な智慧の神髄を説く経」とでも訳せるのではないでしょうか。
そして、この262字足らずの中に大乗仏教の心髄が説かれています。

般若心経は、600巻に及ぶ「大般若経」のエッセンスを凝縮したものと一般的には言われています。(一般的には大般若経には含まれていない真言(マントラ)が最後に付加されるなど成立には複雑な経緯があると思われます。) 般若経典群の重要なテーマを「空」の1字に集約して、その重要性を説き悟りの成就を讃える形をとっています。

般若心経が作られた時代は、西暦2〜3世紀と推定されています。その理由は、インドの龍樹(ナーガルジュナ)が般若経典の注釈書である『大智度論』を西暦2〜3世紀に著したとされたことによります。

現存する最古のサンスクリット本は、なんと我が国の法隆寺所蔵の8世紀後半(伝承では600年ごろとされています)の写本とされる貝葉本(ヤシの葉に記録された古文書:Plam leaf text)なのです。また、現在チベット等に伝わっている写本も、それ以降の時代の物であり、般若心経の原形については現在も不明のままです。

最初の漢訳は、3世紀ごろにされたと言われていますが、残念ながら現存はしていません。
現存するものとしては、鳩摩羅什(クマラジュウ)が訳した『摩訶般若波羅蜜大明咒經』が最古と言われています。 そして649年、インドより戻った玄奘(ゲンジョウ、西遊記の三蔵法師のモデルと言われているお坊さんです)もまた『般若心経』を翻訳したとされています。
現在、日本で広まっているのは玄奘訳です(厳密に言うと玄奘訳そのままではなく多少異なります)

サンスクリット語の般若心経は、ほとんどの方が直接は読めないと思いますが、漢訳は漢字圏の私たち日本人にはなんとか読めると思います。しかし、サンスクリット語から漢字に訳したときに、意訳と音訳が混ざっているので音訳は意味がわかりません。


格智慧の完成へ戻る
TOPへ戻る