鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
グリーフ・悲嘆

グリーフワークのイメージグリーフワークとはの悲しみのプロセスです。
死は、富める者にも貧しい者にも善人にも悪人にも分け隔てなく訪れます。その過程で死に臨む者、見送る者の心に大きな負担がかかります。
人として、この危機的状態に手を差し伸べ支援するには人の悲しみ(悲嘆・グリーフ)を知らなければ出来ないでしょう。

死がタブー視されてきた日本社会では、なおさら死を直視する機会や他人の悲しみに接する機会が少ないのではないでしょうか?
(三人称の死やバーチャルの死は溢れているが...)

しかし、時代が変わり「死=タブー」では無くなりつつある現状から、死は忌み嫌い避けるのではなく現実として見つめ、他の人々へ手を差し伸べるには悲嘆(グリーフ)を感じ共感できる心を持つ事が求められているのではないでしょうか?

死は、臨む者には自分らしく生きる成長の最終段階であり、見送る者にも、その悲嘆(グリーフ)と対峙し死を見つめる事により人間的な成長を遂げる事が出来るでしょう。

人生には限りがあり自らも死を迎える事を自覚し、より良い人生を送るには人の悲しみや痛みを知る事は有意義ではないでしょうか?

グリーフワーク(Grief Work)

グリーフワーク(後悔・絶望・特に死別などによる)は、深い悲しみ・悲痛などの「悲嘆の作業」と訳されています。
人は、愛する者を失うと大きなストレスを心に受け、そのストレスを開放しなければ心が壊れてしまいます。そのストレスを開放するには悲しみなどの現実を直視し、感情を吐露しなければなりません。その過程や作業をグリーフワークと言います。

グリーフケア(Grief Care)

大切な愛する者を亡くされた方に対する心のケアで同じグリーフでも異なり、グリーフワークは遺族自身が行いますが、グリーフケアは家族などを亡くした遺族に対する周りからの心の心配や心配りなどを意味します。