鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
私どもの使命
使命:惜別
使命:回復軌道
葬儀社の使命3

私どものミッション・使命


葬儀には様々な意味や役目がありますが、一番の基本はやはり、故人の方と御遺族のお別れではないでしょうか。

大切なお別れにさいして、ご遺族に共感することが重要だと考えます。完全に共感する事はできませんが、苦しみや痛みの中に生きる方々が癒されるよう、元気になり、救われていくように、思いを理解しようとする優しさがなければよい葬儀はできないと思います。

また、ご遺族や関係者の皆様が良い別れができる時間と空間を作り出すことも重要です。これは式場にきれいな装飾を施す見た目を指すのではなくお別れに専念できる雰囲気を意味します。

更に御遺族がスムーズにグリーフワークを開始できるよう促すことも重要です。私たちに癒すことはできませんが、御遺族が自らを癒してゆくためのお手伝いをすることは可能です。

癒されるためには、どんなに辛くともグリーフワークをしなければなりません。グリーフワークの遅延や停滞、拒絶は心の病を呼ぶだけです。この点で、もっとも効果的な行動は故人の死を御遺族が見つめ、受け入れ心の底から感情を外に出すことが重要です。

その時、私たちに出来るのは傍らにいて「感情を表に出すのは人間として当たり前の事なのです」と告げるだけしかないのです。御遺族が受けた傷(大きな悲しみ)は消えません。しかし、悲しみは変化してゆくでしょう。

故人を微笑みながら回想できる時が必ず来ると思います。その時を目指して、癒しの回復軌道にうまく乗ることが出来る様に手助けする、それが私たちの使命であり存在意義であると考えます。

グリーフワーク(Grief work)

悲嘆の作業などと訳される、死別などによる心の悲しみを昇華して行く作業。