葬儀社マーク
葬儀の代鈴

神道の葬儀:神葬祭


葬儀の意味へ戻る

下記に神道としての正式な葬儀である神葬祭を紹介します、実際の葬儀とは各種の制約によってかなり異なる場合が多いかと思います、また地域によっても異なります。


帰幽奉告(きゆうほうこく)

故人が亡くなった旨を、氏神さま・神棚・御霊舎に奉告します。


枕直しの儀(まくらなおしのぎ)

遺体を整えて殯室(ひんしつ:遺体を安置する部屋)移します。


納棺の儀(のうかんのぎ)

遺体を柩に納めます。


柩前日供の儀(きゅうぜんにっくのぎ)

納棺から発柩(出棺)までの間、毎朝夕常饌(じょうせん:好物などの食べ物)をお供えします。


墓所地鎮祭(ぼしょじちんさい)

遺体を納める土地を祓い鎮めるおまつりです。


通夜祭(つやさい)

夜を徹して故人の御霊を慰めるおまつりです。


遷霊祭(せんれいさい)

故人の御霊を、霊璽(れいじ)と呼ぶ白木のみしるしに遷し留めるおまつりです。


発柩祭(はっきゅうさい)

柩を霊輿に移して、葬列を組み葬場に向かう際のおまつりです。


発柩後祓除の儀(はっきゅうごはらいのぞきのぎ)

家に残った家族と家をお祓いします。


葬場祭(そうじょうさい)

故人に最後の別れをするおまつりです。


火葬祭(かそうさい)

火葬に付す際のおまつりです。


埋葬祭(まいそうさい)

遺骨を埋葬するおまつりです。


帰家祭(きかさい)

葬儀が滞りなく終了したことを霊前に奉告するおまつりです。


神社本庁:神葬祭のくり・先祖のまつり より


葬儀の意味へ戻る