葬儀社マーク
葬儀の代鈴

浄土真宗の葬儀に戻る



御文章 白骨章

御文章・白骨章


大体の意味

さて、人間の浮き草の如く定め無き人生をつらつらと考えますに、およそ、儚きことは、この世にうまれてから死ぬまでの夢幻の如き一生涯であります。

したがって、私は未だに万年も生きた人の話をきいたことがありません。

人の一生は空しく、あっという間に過ぎてしまいます。

今に至るまでだれが百歳まで生きたことでありましょうか。

私が先か人が先か、今日とも知れず明日とも知らず。

遅れて死ぬか、先だって死ぬか、木の根にしたたる朝露のしずくも、葉の先よりしたたるしずくも、前後の定めなくあっという間に散り去って行きます。

そうであるから、私たちは朝の紅顔の生き生きとした姿であっても、夕方には命おえて、白骨となってしまう身であります。

もともと、人の命は無情の風が吹いて死がおとずれると、たちまち二つの眼は閉じ、一つの息も絶えてしまうものです。

だから紅顔の生き生きした姿が変じて、桃やスモモの花のごとき容色すぐれた装いを失ったときは、父母兄弟妻子ら肉親が集まって嘆き悲しんでも、所詮、甲斐無きことでありましょう。

そうかといって、そのままにもしておけませんので、野辺に送って火葬し、夜半の煙となってしまえば、ただの白骨のみが残るだけです。

悲しいといっても、まだまだ言いようがなく、それどころではありません。

だから人間の儚い人生は、老いたる者が先で若き者が後という順序の定めがあるわけではありません。

だれしも早く、囚われや我に苦しむ世界を離れて、愚かな自己を見つめてしらされるところの、大きな働きに支えられる生き方を、人生の一大事と心にかけて、我が身を照らす阿弥陀仏をひたすら仰いで、その呼び声であります念仏を称え聞くべきであります。

あなかしこ

浄土真宗の葬儀に戻る