葬儀社マーク
葬儀の代鈴

浄土真宗本願寺派の葬儀


葬儀の意味へ戻る

葬儀は、故人に対する追善回向の仏事や、単なる告別の式ではなく、遺族・知友があいつどい、故人を追憶しながら、人生無常のことわりを聞法して、仏縁を深める報謝の仏事です。


臨終勤行

1意義
 人生の終わりに臨んで、永年お育てにあずかったご本尊にたいするお礼の勤行です。
 この勤行を一般的に枕教と言っていますが、遺体に対して読経するのではありません。

2荘厳
 ●仏壇がある場合

  ○前卓 三具足
    打敷 あれば白
    ローソク
    花 樒または青木


臨終勤行における荘厳図
臨終勤行における荘厳図

 ●仏壇のない場合

 正面にご本尊(絵像または名号)を奉懸して荘厳します。
 aご遺体は、正面から少し左右のどちらかに移し、北枕及び白服をかけ、お顔を白布で覆います。
 b焼香卓を用意します。
 c寺院を基準として門徒さんの宅では、お仏壇を中心に配置します。
 dご遺体は、部屋の構造上左右どちらに安置してもよく、菊灯を一対置いて下さい。

3次第
 a佛説阿弥陀経・念佛・和讃・回向。
 b和讃 弘讃ノチカラヲカムラズバ(高僧和讃)、娑婆永劫ノ苦ヲステテ。
  (高僧和讃)
 c読経後、弔問の法話または御文章拝読。



*お花はトゲのあるもの、蔓になるもの、造花などは使わないで下さい。
*故人様のお顔にかける白布は、必ずなければならないものではありません。
*逆さ屏風も、なんら宗教的な根拠があることではありません。
*守り刀も、なんら宗教的な根拠はありません。
*一膳飯、線香などの枕飾りではなく香炉とを香盒乗せた焼香卓を用意します。


納棺勤行

1意義
 ご遺体を納棺してから勤める勤行です。ご遺体を清拭した後、白服を着衣、手に念珠をかけて胸前に合掌 して頂き納棺を行います。
 その際、納棺尊号を納め、七条袈裟を棺にかけて荘厳を整えてから勤行を行います。

2荘厳
 ●仏壇がある場合

  ○前卓 三具足
    打敷 白地または銀色
    ローソク
    花 赤色をさけた生花


 ●仏壇のない場合
 正面にご本尊(絵像または名号)を奉懸して荘厳しまる。
 a柩は、正面より多少左右のどちらかに移動します。
 b焼香卓を用意します。

3次第
 a往覲偈・短念佛・回向。
 b御文章は省略します。

4納棺尊号の書き方

納棺尊号南無阿弥陀仏単体 納棺尊号南無阿弥陀仏


5帰敬式について
 帰敬式は生前、ご門主より受式し二字の法名を授与されるのが原則です。
 受式していない場合「おかみそり」を行い法名を授けて頂きます。
 「おかみそり」をする時には三帰依文を唱えながら剃刀を三度あて、終わって「其佛本願力.....」の偈文を唱えます。

6法名の書き方
 釈○○
 女性の場合、尼の字を用いる場合もあります。
 a命日(往生)・俗名・年齢を記入します。
 b院号は法名の上に書きます。
 c院号は本願寺より下附されるものとなります。



*逆さ水や外柄杓など行いません。
*経帷子・手甲・脚半などは使用せず白依や門徒式章を入れて下さい。
*三途の川を渡りませんので、六文銭は必要ありません。
*棺には、七条袈裟をかけて出家者と同じ形で葬送して下さい。


通夜勤行

1意義
 葬儀の前夜に近親者や友人、知人など苦楽を共にした人々が仏前に相集い、故人を追憶して仏恩報謝の懇念を深め法儀相続の場となる様にします。

2荘厳
 ●仏壇を用いる場合
  納棺勤行の荘厳と同様となります。

 ●本堂を用いる場合
  ○上卓
   打敷  白地または銀色
  ○前卓
   打敷  白地または銀色
   ローソク 白または銀
   花    赤色をさけた生花
   供物   三具程度
  ○戸帳  白地のものにする
  ○華鬘  白地のものにする
  ○翠簾  縁も房も白地のものにする

 a柩は本尊前ではなく外陣に安置します。
 b焼香卓を用意します。

3次第
a佛説阿弥陀経・和讃・回向。
b和讃  生死ノ苦海ホトリナシ、恩愛ハンハダタチガタク。
cまたは正信偈六首引。
d勤行後、故人を追善して、法話および御文章を拝読します。



*白木位牌は法名をかいた紙の台として使用して下さい、魂の依代ではありません。
*色々な飾りで、阿弥陀如来のお姿またはお名号が隠れない様にして下さい。
*祭壇とは言いません、荘厳壇が正式な呼び方です。
*仏事において、生臭物とアルコールは控えて下さい。


出棺勤行

1意義
 葬場への出棺に先立って、本堂や自宅の仏前においてつとめる勤行です。

2荘厳
●仏壇を用いる場合
 納棺勤行の荘厳に同じ。

●本堂を用いる場合
  ○上卓
   打敷  白地または銀色
  ○前卓
   打敷  白地または銀色
   水引  白地または銀色
   ローソク 白または銀
   花    赤色をさけた生花
   供物   三具程度
  ○戸帳  白地のものにする
  ○華鬘  白地のものにする
  ○翠簾  縁も房も白地のものにする

 a柩は本尊前ではなく外陣に安置します。
 b柩前の左右に菊灯を一対置きます。
 c焼香卓を用意します。
 d葬場勤行も同所の場合は、葬場勤行の荘厳と同じです。

3次第
 a十四行偈・短念佛・回向句。
 b路念佛は出棺のときに唱える。


出棺勤行における荘厳図

出棺勤行における荘厳図



*昔は、お通夜と葬儀の場所すなわち葬場が異なっていました。最近では同じ場所で行われます。


葬場勤行

1意義
 葬場において行う勤行で、仏徳を讃嘆し、故人を偲びつつ報謝のまことをささげる儀式です。

2荘厳
  ○前卓
   打敷  白地または銀色
   水引  白地または銀色
   ローソク 白または銀
   花    紙華四本づつ一対
   供物   三具程度


葬場勤行における荘厳図
葬場勤行における荘厳図

 a正面にご本尊を奉懸します。
 b柩を尊前の荘厳壇に安置します。
 c遺影をもし置く場合には尊号が隠れないように配慮して下さい。
 d本堂を用いる場合は、本堂を葬場と見なし、内陣の巻障子を閉じて別のご本尊を正面に奉懸し、荘厳は前項と同じにして下さい。
 e荘厳する場所および荘厳壇は、本堂の構造上または地方の習慣などあり、原則をはずれぬ様に適 変更して結構です。

3次第
葬場次第

 a達書、弔慰状の伝達は三奉請の前に行います。
 b弔辞、弔電の披露は勤行の前または後にして下さい。
 c表百は導師焼香の後、着席して読誦します。



*お焼香は身を清めて仏さま(故人ではありません)を拝むのが目的です、出来るだけ香りのよいもので一回だけ焼香してください。
*弔電披露などは葬儀の前または後に行って下さい。


火屋勤行

1意義
 火葬場において、柩に点火する前につとめる勤行で近親者などがお別れの焼香をして下さい。

2荘厳
 適当な場所にご本尊を奉懸して、荘厳をして下さい。

3次第
 重誓偈・短念佛・回向。



収骨勤行

1意義
 火葬場で遺骨を拾って収め、それを仏前に置いてつとめる勤行です。

2荘厳
 適当な場所にご本尊を奉懸し、遺骨を安置して荘厳します。
 荘厳する場合は、三具足、花は樒または青木。

3次第
 讃佛偈・短念佛・回向。



*お骨拾いは二人で片方づつ持って拾うことは迷信です、行わないで下さい。


還骨勤行
1意義
 遺骨となってわが家に還り、仏前に安置してつとめる勤行です。

2荘厳
 ●仏壇を用いる場合
  納骨勤行の荘厳に同じ。遺骨は別壇を設けて安置して下さい。

 ●本堂を用いる場合
  ○前卓  三具足
    打敷  白地または銀色
    水引  白地または銀色
    ローソク 白地または銀
    花    赤色をさけた生花
    供物  一具程度

 a遺骨は適当な卓にのせて、前卓の前、または横におき、勤行の後、中陰壇に安置します。
 b中陰壇は、左右どちらかの余間壇上に、絵像または名号を奉懸して荘厳します。
 c焼香卓を用意します。

3次第
 a佛説阿弥陀経・念佛・回向。
 b和讃 観音勢到モロトモニ(浄土和讃)。安楽浄土ニイタルヒト(浄土和讃)。
 c法話 御文章 白骨章(五帖目)


*火葬場より帰ってきた時などに、お塩で清めるなどの行為は行わないで下さい。
塩で清めるのは、神道の死の穢れを清める為などが、一般化したことだと言われています。


参考文献
浄土真宗本願寺派葬儀規範勤式集
真宗の葬儀


葬儀の意味へ戻る