鈴木葬儀社 手作りの葬儀なら鈴木葬儀社 代鈴
私どもはこんな会社です こんな事もしています 価格に関する考え方 葬儀に関する考察など 人体の死を科学します 悲しむ作業 葬儀に関する色々な情報
民生

葬祭扶助は、生活保護を受けている方がお亡くなりになられた場合に支給されます。
葬祭扶助に含まれている内容は下記の通りです。

¥201,000円以内(大人)平成22年度葬祭扶助基準
1、葬儀料(ドライアイス1回分を含む。)
2、納骨料
3、読経等に伴う謝礼
4、火葬料及び火葬容器代
5、自動車の料金その他死体の運搬に要する費用
6、死亡診断または死体検案に要する費用(文書作成の手数料を含む。)
 *支給される詳しい内容はこちらより 葬祭扶助基準

しかし、実際には2、3、6を省いた内容で行われているかと思われます。
東京で、上記の内容を料金内で実現するには無理があるかもしれません。

弊社では、提携しています優良の寺院にお願いして、お骨での読経と納骨も上記の金額内で行っております。

理由:
寝台車を自社で所有しており、外注ではないので対応出来ます。
ご遺体の保管に付いても霊安室(冷蔵設備)があります。
消耗品であるドライアイスではなく、リサイクル可能な保冷剤を使用しています。
民生・葬祭扶助に限り、読経と納骨を、ほぼ無料でして頂ける寺院と提携しています。

お困りの方はご相談下さい。出来るだけ対応させて頂きます。

*見積例*